読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽにーとCamp!キャンプ!きゃんぷ!

野外活動大好きな男!ぽにーです!私のブログでは、野外活動でのちょっとした知識や、料理、ゲームなど紹介したいと思います!!いつかいろんな人とキャンプできたらいいなと考えてます!よろしくお願いします!!

キャンプの定番料理!燻製!!

 

みなさんこんばんは!

今日も朝から雨がすごく、自分が働いているキャンプ場に出勤して、場内を整備して、そのあと後輩とお食事にいってキャンプの話ししながらお酒のんでフラフラのぽにーです。 

最後どーでもよかったんですけど笑

 

ところでみなさん、キャンプで!外で!料理をするといつも以上に楽しいし、美味しいですよね☆

 

キャンプといえばこの料理と言われると、カレーライス、燻製、BBQ.ローストゴジラチキン、などなど、いろんな料理がでてきてどれもキャンプならではの作るにはオススメの料理です!

 

その中で燻製のことなんですが、燻製という料理はいろんなものを熱で乾燥さして作る料理で、お酒のアテとかにもなり、美味しいですよね!

 

みなさんも知ってるかもしれませんが、燻製やるときにいくつか熱の与え方の種類、作り方があるそうです。

 

それを少しご紹介しますね!

燻製のやりかたにもいくつか種類があるみたあで大きくざっくりに、『冷薫』『温燻』『熱燻』

の3種類にわかれています。

 

なので、言葉通りなんですが、この燻製法は燻製するときの温度です!

 

基本的に燻製は高温でいっきにやるというようなイメージを思い浮かべる人も多いと思います!もちろん、ジューシーに美味しくできるのですが、一気に高温燻製するので、燻製時間も短くなってしまい、食材の中の水分が残ってしまい、最終的に保存性というのが低いためすぐに痛んでしまうと言うリスクがあります。

 

それとはまた逆に低温での燻製は長時間ジワジワと燻すため時間はかかりますが、水分が抜け保存性が高くなるそうです!

 

燻製のこと考えているだけで、ヨダレが止まりませぬなー(≧∇≦)

 

なので、みなさんの食べ方や、素材に合わせて美味しい燻製をつくってくださいね!

 

 

次に先ほどちょろっと言った3つの燻製法を紹介しますです!

 

【熱燻】

高い温度で一気に燻す方法です!簡単に言えば煙でつくられた食材ですね!

一気に1時間程度かけてつくるので、保存性は低いですが、水分が残っているのでよりジューシーに仕上がります!

ほとんどのキャンプでつくられるのがこの方法ですね!☆

 

【温燻】

こちらは、一般的に作られる燻製法です!!

熱燻よりかは低い温度で、つくるので、ジューシーさは熱燻よりも下ですが、そのぶん保存性は高まりますので、1番つくりやすい燻製法ですね!

ぽにーもこれでよくつくります!

【冷薫】

これは夏の時期ではあまりできない方法で、冬くらいしかできないレアな燻製法!と僕はおもってます(≧∇≦)25度以下の低温で、かなりドライに仕上がるらしいです!

それにそれを下回る温度ではできないらしいので、注意しながらする必要があります!

レベルは高めなんですが、興味があるかた是非是非やってみてください!!

 

燻製法の仕方など調べたらいろいろでてきて、やり方も様々なので、キャンプの1つの楽しみにしてほしいなとおもいます!

 

長々となりましたが、読んでくださった方々ありがとうございました!

知ってるかたも多い知識とかの紹介が多数になるかもしれませんが、楽しみながら、将来はみなさんとキャンプできるのが私の夢ですので、今後ともよろしくお願いします!

 

次回は!

まだやるんかーいと思うかもしれませんが

 

簡単な燻製機のつくり方を紹介したいと思います!

 

なのでお楽しみに☆

ぐっどないとー!(^ー゜)